沿  革


1967年(昭和42年) 藤沢海難救助隊創立

 昭和42年4月に神奈川県警藤沢警察署内に於いて、佐々木淳宣を隊長とし、藤沢署長、国会議員、県会議員、市会議員、医師、教諭、企業役員、一般市民有志で任意団体藤沢

海難救助隊を設立しました。神奈川県藤沢市江の島を基地として、隊員10名で海難事故救助救難活動を開始しました。この当時は公共機関関係部署には海難事故救助救難のアク

アラング隊が無いために、事故発生時には全て藤沢海難救助隊への要請となっておりました。この間藤沢警察署員の指揮の下、多数の海難事故等の救助救難活動を全てボランテ

アとして行い、多数の救助救難実績を作りました。


1979年(昭和54年) 神奈川海難救助隊設立

 任意団体藤沢海難救助隊を神奈川海難救助隊と改名し、佐木淳宣を隊長として隊員50名で設立しました。この後も、多数の海難事故等の救助救難活動を全てボランティアとし

行い、数多くの救助救難実績を作りました。


1990年(平成2年) 神奈川海難救助隊隊長交代

 佐々木淳宣隊長より信田清治が隊長の任命を受けて、新たな団体構成で救助救難活動を開始しました。

 今般、多種多様の一般海洋レジャーの普及と発展が急速に進み、これに伴い海難事故やトラブル等も増加しました。当団体は、藤沢市江の島潜水訓練海域での高度潜水技術を

導入した海難事故等の救助救難訓練を重ね、隊員の潜水技術向上と二次災害防止対策を行いました。この間も、海難事故等の救助救難活動を全てボランティアとして行い、数多く

の救助救難実績を作りました。


1999年(平成11年) 特定非営利活動法人神奈川海難救助隊認証・設立

 当団体は、平成11年4月8日に神奈川県より特定非営利活動法人の認証を受け、特定非営利活動法人神奈川海難救助隊を設立しました。認証を受けた事により特定非営利活

動法人神奈川海難救助隊を理事3名、監事1名、隊員13名の構成で、平成11年4月16日に藤沢法務局へ法人登記を行いました。

 この後、海難事故防止の海上安全パトロール及び海洋環境保全の海洋浮遊ゴミ回収、一般市民の体験乗船、中学生の職場体験学習の受け入れ、他団体イベント開催時の協力、

助成金事業等の活動を行いました。


2010年(平成22年) 認定特定非営利活動法人神奈川海難救助隊認証(国税庁)

 当団体は、平成22年2月12日に国税庁長官より認定特定非営利活動法人の認証を受けました。

 この後も、活動を継続中です。


2011年(平成23年) 東日本大震災復興支援ボランティア活動

 当団体は、平成23年中に東日本大震災復興支援活動で宮城県石巻市と東松島市に、ボランティア活動を展開しました。

 平成24年も実施しました。

この間復興支援活動を合計15回程実施しました。


2015年(平成27年) 認定特定非営利活動法人神奈川海難救助隊の認証(横浜市)

当団体は、平成27年2月27日に横浜市長より認定特定非営利活動法人の認証を受けました。

現在も、活動を継続中です。


2019年(令和元年) 国土交通省関東地方整備局長表彰状授与

当団体は、令和元年7月23日に国土交通省関東地方整備局長より「海をきれいにするための一般協力者」部門の表彰状を授与しました。
現在も、活動を継続中です。

2020年(令和2年) 認定特定非営利活動法人神奈川海難救助隊の認証(横浜市)
当団体は、令和2年2月27日に横浜市長より認定特定非営利活動法人(認定有効期間更新)の認証を受けました。
現在も、活動を継続中です。






                               東日本大震災の復興支援活動          潜水捜索活動            

                                  浮遊ごみ回収               体験乗船

                                         海上安全パトロール